外壁とは違う装飾

積み木

インテリアとは対です

エクステリアはインテリアとは対になる言葉で、インテリアが家具や照明等の建物内部の装飾を示すものに対して、エクステリアは内部ではなく外部の装飾の事を指します。いわゆる外壁等は構造物を示していますが、エクステリアは外壁や門扉等をうまく利用した装飾全般を指している点で大きく違います。このエクステリア演出は業者に依頼をするのが一般的で、大阪や大阪近郊には多くの業者がいます。特にエクステリアを専門としている業者も大阪には複数あるので、一度見積もりや相談をしてみる事が必要です。この外部装飾については門扉やウッドデッキ、ガレージやフェンス、さらには門扉から玄関に続くアプローチですが、エクステリアにもいくつものデザインがあります。理想の住まいの為にはどのようなデザインが良いかはしっかり考えておく事が大切です。デザインでは大きく2つに分かれますが、1つは近年まで主流だったクローズデザインです。これは門扉や堀等で家を囲むもので、中を見えにくいようにするものです。中が見えにくい分、防犯やプライバシーの安心感はありますが、窮屈な感じがする為に、オープンデザインという表札や門柱のみで行うエクステアリアも人気となっています。この場合はプライバシーや防犯対策も考えなければいけない点から、家主が何を重視しているかその意見を取り込みして、大阪をはじめとして全国で採用されるのが中間に位置するセミオープンまたはセミクローズデザインと呼ばれるものが近年は多く採用されています。