家の雰囲気を決める庭

レディ

前庭や測庭の特徴

大阪にある自宅で庭にエクステリア工事をして、きれいな庭を造る場合には、庭の種類に合ったエクステリア工事を施工することが重要になります。それぞれの庭の持っている特徴をうまく引き立てるようなエクステリア工事をすることで、大阪のどこの地域でも美しい庭を持つマイホームを作ることができます。大阪にある住宅の庭として典型的なものは、いくつかの種類があります。大阪の中でも比較的都市部に近い地域では限られた面積の上に建物が建てられている場合も多いので、こうした住宅に設置されている庭の種類も限られています。面積の狭い住宅にある庭として典型的なのは前庭と呼ばれるタイプの庭です。これは門から家の玄関までの間のスペースを使用して作る庭のことで、この部分は外から見た場合にも印象に残りやすいことから、家全体の雰囲気を決める上で重要な役割を果たしています。門から建物までの距離が近いほど、必然的に前庭の面積も小さくなるのですが、大阪の都市部にある住宅はこうしたタイプのものが多いです。狭い面積の庭に施工することができるエクステリアは広い面積の庭と比較して限られているのですが、工夫をすることで家全体の雰囲気にゆとりを持たせることができます。大阪の面積の限られた住宅にある典型的な庭としては測庭があります。これは隣りの家との間にある住宅の横のスペースを利用したタイプの庭です。細長い形状になっているのが特徴で、通路としても利用されています。